作業着に適した防寒ベストの選び方について

作業着を用いる仕事において寒さ対策は大きな課題と言えます。屋外など低温の環境で仕事を行う場合、寒さに耐えられるだけの防寒性を持つ衣類を重ね着しなければいけませんが、その一方で体の動きを妨げないことも重要な条件になります。

その点、袖が無いベストタイプの防寒着は作業着との組み合わせに最適と言えるでしょう。

作業着に適した防寒ベストの特徴や選び方について学びましょう。

作業着の定番ニッカにはどんな種類があるの?誰でも出来るオシャレな着こなしとは?

袖が無い防寒ベストは腕の動きを邪魔しないので作業着に最適

作業用の防寒着は基本的に作業着の上に重ね着する形になります。

そのため、一般的なコートやジャンパーをそのまま着用すると着膨れした状態になり、体を動かしにくくなってしまいます。工事現場や工場などの作業は危険が伴うことも少なくないので、体が動かしにくい状態は良くないと言えるでしょう。

防寒性を保ちつつ体の動きも損なわないためには袖が無い防寒ベストが最適な選択です。袖が無いので腕を自由に動かすことができます。また、突起物に引っかかる心配が無いのもベストタイプの防寒着ならではの利点です。

一般的な袖付きの防寒着よりも安価で販売されている物が多いので、出費を低く抑えた防寒対策ができます。

胴体をカバーすることで全身の保温性を向上させる

防寒ベストはその形状から胴体部分だけを寒さから守るイメージがあります。手足がむき出しになるのは事実ですが、胴体部分を寒さから守るのは体の調子を良好に保つための必須条件と言っても過言ではありません。身体機能に影響する臓器のほぼすべてが胴体にあるため、その胴体を寒さから守ることが体調を損なわないことに繋がります。

手足の動きも胴体部分に不具合が無いことで初めて正常な状態を保つことができるので、袖が無い作りだからと言って防寒ベストを軽視することはできません。むしろ胴体部分を保温することで体の動きが活発になり、手足の動きもスムーズになって自然に全身が暖かくなると言えるでしょう。

電熱線を内蔵している防寒ベストもある

一般的な防寒ベストは綿や羽毛などが使われています。いずれも高い保温性を持つので防寒着の素材に最適ですが、衣服の内側に籠った体温を逃がしにくい効果はあるものの発熱はしません。そのため、体が冷えると防寒効果が著しく低下する欠点があります。

電熱線が内蔵されている防寒ベストは通電させることで発熱し、体を温めることができる防寒着です。

体が冷える心配が無く、いつまでも温かい状態を保つことができます。冷凍室など極端な低温の環境に向いている防寒着ですが、通電させるための電源を確保しなければいけません。専用のバッテリーを使う物は長時間使用が可能ですが、こまめに充電する必要があります。

また、古くなると電熱線が劣化してバッテリーが余計に消耗します。電熱線入りの防寒ベストは断線の原因になるので折り畳むことができません。着用しない時はハンガーで吊るす必要がある他、収納の際もスペースに余裕を持たせることを心がけます。

劣化によって電熱線が傷み、特定の部分が過熱状態になってベストの生地が焦げるおそれもあるので、古い物は見た目に問題が無くても新品と交換するのが賢明と言えるでしょう。

用途に応じて防寒ベストを使い分ける

防寒ベストはどのメーカーの商品も形状がほぼ同じです。そのため、材質やデザインで他との差別化を図る傾向があります。材質については綿や麻、化学繊維などがあります。また、埃の付着や静電気の発生を予防する加工が施されている物も多く、食品や精密機器の製造現場でも防寒ベストは重宝されていると言えるでしょう。

摩擦や引っかけなどの刺激に強い生地で作られた防寒ベストは屋外、特に金属製品の解体業や林業、道路工事などの現場に最適です。デザインについては暗い所や茂みの中でも目立つ明るい配色が用いられることが多く、商品によっては反射テープやLEDライトが装着されている物もあります。

用途別に最適な一着を選ぶのが安全に作業を行う秘訣です。

通販サイトで防寒ベストを購入する際の注意点

作業着は専門店やホームセンターの他、通販サイトから購入することができます。作業用品に特化したサイトなら小売店では扱っていない特殊な商品も販売していることが多く、より快適な作業を行うことが可能です。防寒ベストについても個性的な商品が多く、保温性が高く着心地も良い一着を選ぶのは難しくありません。

小売店よりもはるかに安価で購入できることもあるので、まとめ買いに便利と言えます。しかし、利便性が高い反面、対面販売ではあり得ないトラブルに見舞われる可能性があるのも否定できない事実です。表記サイズと実寸が異なるトラブルは通販サイトに多く見られますが、これは試着ができないのが大きな理由です。

安価な海外製の作業着は表記サイズと実寸に違いがあるのは珍しくありません。小売店での購入なら事前に試着を行うことで実寸とのギャップを知ることができますが、通販サイトでは試着ができないので商品が届くまで良し悪しを判別することができません。

購入してからサイズが合わなかったというトラブルを避けるためには通販サイトの評判を確認することが重要と言えます。サイズが違う、返品に応じないなどのトラブルが多い通販サイトは評判も良くないので、口コミサイトや掲示板など複数の情報を比較することを忘れてはいけません。

また、商品の販売価格が安くても送料や手数料が非常に高額なケースもあるので、購入する際には十分に注意する必要があります。

防寒ベストを家庭用の洗濯機で洗う方法

防寒ベストの多くは家庭用の洗濯機で洗うことができます。他の衣類と絡まるのを防ぐためにネットに入れ、洗濯後は十分に水を切ってから風通しの良い日陰で干すのが型崩れを防ぐ正しい方法です。乾燥機にかけると綿や羽毛が片寄ってしまうことがあるので避けます。

また、防寒着の材質によっては色落ちする物があるので、その場合は他の衣類とは別にして洗います。クリーニング業者に依頼するのも綺麗に洗う方法のひとつですが、防水加工などのオプションを付けると費用が高額化するので慎重に判断しなければいけません。

寒い場所での作業に役立つ防寒ベスト

防寒ベストは袖が無い作りなので腕の動きを妨げません。重ね着が基本である防寒着の中では扱いやすく、作業着との併用に最適と言えます。生地の材質やデザインが多彩な他、安価な商品が多いので用途別に使い分けることが可能です。

防寒ベストの多くは家庭用の洗濯機で洗うことができるので、常に清潔な状態を保つことも難しくありません。

関連情報:作業服 … ユニフォームタウンhttp://www.l-m.co.jp/work/

投稿日: